佐賀県のAGAクリニック
歯並びの矯正と聞いて誰もが思い浮かべるのが、歯に器具を付けた姿でしょうが、今は歯の表ではなく裏面に器具を取り付ける方法もあります。ワイヤーを裏側に付けるタイプの場合、周りに見えないのが最大の利点ですが、歯科医の高度な技術が必要な上、治療期間も長くなるのが難点です。これに対し、表側に矯正器具を付ける場合、周りに目立ってしまうのが難点ですが、金属製ではなく透明のブラケットも今は存在するので、出来る限り目立ちにくいものを使う人が多いようです。大人になって歯並びが悪くなってきたので歯科矯正をしたのですが、しばらくすると体の具合がおかしくなってしまったんです。歯が痛いわけでは無かったので、矯正が原因だなんて信じられませんでした。病院にいったところ私は元々の噛み合わせに特徴がある為、歯並びを変えてしまうと頭痛や肩こりとといった症状が出てしまうそうです。歯医者がもっとちゃんと説明してくれれば矯正に慎重になっちたのに、と思うと悔しいばかりです。歯科矯正では、よく口内炎ができて苦しいということが言われます。中でも、まだ口が矯正器具に慣れていない間は、口内炎に苦しめられる方が多いのは紛れもない事実なのです。ワイヤーやブラケットが柔らかい口内を引っ掻き回す形になり、その結果として口内炎ができてしまうのです。歯科では専用の薬やワックスを処方される場合も多いです。もちろん、口の中を常に清潔にしておくことも避けては通れませんね。実際に歯並びを良くするためにはどれほどの時間が必要になるのでしょうか。調べてみたのですが、矯正による治療方針と時間については本来の歯並びや口内環境によってかなり差があるそうです。複数の歯の歪みが歯並びの悪さの原因ということもありますし、何本を矯正するのかというようなことが重要な点です。歯科矯正の基本的な流れは、必要であれは虫歯の治療を行い、矯正の方法を検討し、実際に器具を用いた矯正治療が始まり、完了後は経過観察のための通院が続きます。矯正治療の方針によって、どれだけの期間を治療しなければならないか推定できます。子供の歯並びが気になったので、娘2人に歯科矯正を受けさせたことがあります。矯正治療は費用が高い印象ですが、実費としては上の娘が約80万、下の娘は60万円程度で済みました。普通、歯科矯正は70から100万くらいかかるのが相場なようですね。ですが、昔、私も歯科矯正をして、歯並びが整うことで全体的な雰囲気が変わると知っていましたから、多少費用が掛かると言っても娘たちの口元を整えることが出来て、大変満足いく結果になりました。歯科矯正のブラケット(器具)を装着してから、取り外せるようになるまでの時間は、場合によってピンキリですが、それでも一年から二年くらいはかかると思っていいでしょう。人によってまちまちですから、もっと早く終わる人もいれば、もっと長くかかる場合もあります。大人になって歯並びが気になるという人は、なるべく早く専門医に相談してくださいね。歯列矯正を行っている最中には、食べてはいけないものがあります。ざっくり言えば、歯に負担をかける食べ物は控えた方がいいでしょう。煎餅やスルメなどの堅いものは、歯や顎の負担にもなりますから、食べるべきではありません。餅やキャラメルなど粘性の食べ物も、歯にくっついてしまい、矯正中の歯が動いて良くないので、食べるのを控えるように多くの場合は言われているようです。人から歯の色を指摘されたことがトラウマになって、歯磨きに依存してしまっています。常に歯磨きセットを携帯し、毎食後に5分くらい歯磨きをしています。それだけ磨かなければ綺麗になった気がしなくて、それを理由に外食をためらうようにもなっています。しかし、つい最近、外食の際にはポータブルのマウスウォッシュに出会い、ちょっと気楽になりました。ホワイトニングは誰もが行うべきだと思います。社会人としては周囲への配慮も必要だと思うからです。それと、綺麗な歯にするためには、歯列の矯正を受けるのもいいですよね。綺麗な白い歯をゲットできるホワイトニングですが、人体の作用を利用した施術ですから、人工の歯には効果がありません。自前の歯以外の部分、例えば差し歯やインプラントがある場合は、天然の歯のように白くなるということはありません。天然の歯だけが白くなって、差し歯が黄色いままだと、却って全体の印象が不自然になるかもしれません。しかし、歯科に相談すれば、差し歯の交換など口内全体のバランスを保つやり方は色々あるので安心してください。せっかくなら歯科矯正も同時に受けたいと思っているなら、一般の歯科よりも、審美歯科で相談してみましょう。今流行りのホワイトニングですが、その種類としては、オフィスホワイトニング、つまり歯医者さんで全ての治療を受けるものと、もう一つ、ホームホワイトニングといって、自宅でも行えるタイプがあります。ですが、何度も時間をかけられないという方や、即効性を求める方は、ホームホワイトニングよりもオフィスホワイトニングを推奨しています。煙草や服薬などの生活習慣がない限り、自宅でホワイトニングする場合と異なり、一回の施術で十分白くなります。ちなみに、歯列の矯正を受ける方の中では、無理に同時に行うのではなく、まずホワイトニングを済ませる人もいるようです。歯を綺麗にするホワイトニング。その種類としては、まず、クリニックで全ての処置を行うオフィスホワイトニング。そして、歯科ではマウスピースと薬液の処方だけを受け、自宅でホワイトニングの施術を進めていく、ホームホワイトニングという方法があります。より確実な美容効果を狙う場合には、双方の長所を併せ持つデュアルホワイトニングを採用することで、それぞれの不備を補うこともできます。状況や手法によっては、歯並びの矯正と同時に進めることも不可能ではありません。毎日を忙しく過ごされている方にとっては、矯正治療を受ける場合、通院頻度が気になってしまうのではないでしょうか。例えば、治療開始後は週一回程度の通院が必要となっても簡単に時間がつくれるわけではないと思います。矯正治療では器具を付けて歯並びを良くしますが、器具を歯に装着してしまえば後の通院では器具の清潔さなどが治療方針になると思います。普段から歯磨きをしっかりしていて、口内のケアを欠かさない方ならば歯医者に行く回数を少なくすることもできるでしょう。歯列を矯正していると、食べ物が噛みづらいと感じて痩せてしまう方もいるようです。また、矯正終了後には元に戻るどころか体重が増加した、なんてこともあるようです。歯科矯正中のストレスから食欲の歯止めが効かなくなるということも、ままあるようです。長期間の歯列矯正を耐えて、綺麗な歯並びを手に入れても、スタイルが悪くなっては見た目としてはあまり良くありませんね。歯科矯正の技術が上がったとはいえ、まだ痛みはあり、瞬間的なものと、継続的なものがあるとされています。瞬時に生じる痛みのほうが、苦痛の度合いは強いといわれていますが、心情的にキツイのは継続的な痛みのほうですよね。歯を動かしていくたびに少しずつ生じる痛みや、使っている器具によっては、口の中の粘膜を傷付け、次から次へと新しい傷が絶えなかったりします。一年以上も続くこの痛みに堪えなければ矯正はできませんから、そういうことに弱い人には、無理して歯科矯正を受けることは勧められません。喫煙習慣によってハミガキをしても歯の黄ばみが取れないという方には、ぜひホワイトニングを試してほしいと思います。短期間で真っ白な歯を実現するには、一番良い手段といえます。また、歯の変色の理由は喫煙だけとも限りませんが、ホワイトニングを利用すれば、歯を傷めずに白くすることができるのです。中には歯列矯正だけを受けて安心する人もいますが、黄色い歯では、完全に良い印象の口元にはならないのです。ホワイトニングは100%上手くいくものではありません。思った以上に白くならないこともありますし、一部だけが白くなってムラができてしまうケースもあります。口内の状況によってはホワイトニングの効果が出にくいなど、人によってさまざまな原因がありえます。しかし、その場合でも、時間をかけてホワイトニングを反復して行っていくことで、ちゃんと効果は出ます。歯並びを直す歯科矯正と同じように、歯が白く染まるかどうかもあくまで人によりけりというわけですね。歯科でも自宅でもできるホワイトニング。これを利用すると、僅かな期間で歯を真っ白にすることができます。但し、その効果が永続するものではないということは注意しておきましょう。そんなにすぐに汚れてしまうことはないですが、ホワイトニングはあくまで表面を白くするだけで、歯の性質、それに患者さんの生活習慣は変わらないわけですから、少しずつではありますが、またヤニや黄ばみは付着していきます。ところで、歯を美しくする施術には歯科矯正というのもありますが、これなら繰り返し施術を続けなければならないということは基本的に無いものと考えていいでしょう。歯科で行うホワイトニングには、通院して受けるオフィスホワイトニングの他、ホームホワイトニングといって、自家用の薬剤とマウスピースを使って行うものがあるのですが、十分な時間を確保できない場合などでは、手間に見合う効果が得られずに残念な結果に終わってしまうことも考えられます。また、歯列矯正の施術を受けている最中は、同時にホワイトニングの施術を受けることは無理だと思われがちです。しかし、歯の状況などによっては、方法を工夫すれば矯正と同時にホワイトニングを進めることもできます。歯のヤニや黄ばみをなんとか落とせないかと思っていたのですが、ちょうど、ホワイトニング用消しゴムというものをドラッグストアで見つけました。あまり頻繁な使用は控えるようにと書いてはあったのですが、歯を綺麗にしたいという強迫観念があって、毎日のように使っていました。消しゴムはあくまで表面を削っているにすぎず、頻繁に使用すると歯を傷付けるばかりか、内部組織が露出することで却って黄色く見えたりすることが落とし穴であると後から知りました。何か月か前にようやく歯科矯正が完了したばかりだったことも、余計に歯を痛める原因になったのでしょう。笑ったときに見える歯並びがきれいですと外見が整って見えるだけでなく印象がだいぶん変わります。ですから、もし子供の歯並びが気になったら、小さいうちから矯正治療を行い、歯並びを整えていくことが大事です。早いと思われるかもしれませんが、乳歯の時に歯列矯正を行うのが良いでしょう。そうすると、おとなの歯になった段階で綺麗な歯列になるという訳ですね。将来的な歯の健康を考えてみても子どもにの歯科矯正を受けさせたい方は、早めに決断した方が良いでしょう。歯科矯正には、器具を装着する以外にもマウスピースを使用する場合もあります。マウスピースの利点は、矯正器具を使ったものと比較すると目立ちにくいということが挙げられるでしょう。一目見た時に「矯正している」と分からないのは当然ですが、マウスピースの使い方によっては決まった時だけ装着すれば良いものもあります。例えば、自宅にいる時だけや寝る時だけの装着も可能ですので、身内以外に知られること無く口元を整えられます。最近は歯科矯正も患者さんの負担が少なくなってきましたが、今でも要注意なことは、第一に食事、次に運動があります。ブラケットの隙間に食べカスが残りやすいので、食後の歯磨きなどのケアは必要不可欠といえるでしょう。体育や部活、趣味のスポーツなども難点です。誰でも思わず歯を噛み締めてしまうものなので、矯正中は、器具で口腔内の粘膜を傷付けるおそれもありますし、ワイヤーでの固定以上の力で歯を別方向に動かしてしまうことにもなります。他にも細々とした注意点があるので、矯正を始める前に確認しておきましょう。歯科矯正は多くの方に施術されていますし、認知度が高い治療だと言えますが、気を付けてほしいことがあります。歯科矯正は、歯並びを強制的に動かして形を整えるため、歯や歯茎、それを支えている骨にまで負荷を与えていることになります。完璧な歯並びになる為、痛みや違和感を抑えてやり遂げるなど、決めつけてしまわないようにしましょう。電動歯ブラシは便利なツールですが、特に近頃は、ホワイトニング機能を持ったものも出てきています。日々の着色汚れを落とせるというものですが、あまり頻繁に使っていると歯にダメージを与えてしまいますから、使い過ぎには注意してください。しかも、ちゃんとしたホワイトニングと比べると効果は薄いですので、これに頼りきりになるとガッカリします。ちなみに、歯列の矯正を受けるという方も、矯正器具のために磨き残しが起こりやすいので、気を付けましょう。私はここしばらく、歯のホワイトニングを重点的に行ってきました。歯が白ければ健康だというイメージがあったためです。ところが逆効果でした。見た目だけ白くしても、歯に負担をかけすぎてしまって、歯茎は弱くなっていきました。私の注意は歯茎には向いていなかったのです。歯の美白ばかりを意識していたので、歯の土台である歯茎の部分が弱ってしまい、アイスや冷たい飲み物などを口にすると、沁みてしまうような歯茎になってしまったのです。それから、歯列の矯正もしておくべきだったと思います。二十歳を過ぎてから歯並びが気になり、矯正を受けることにしました。矯正の方法自体は子供の場合と変わりませんが、大人は既に骨が固まってしまっているので、長い時間をかけて少しずつ矯正を進めていく以外にないのです。舌の位置も、今ある歯の形に慣れているわけですから、これを変えるのにもそれなりの時間がかかります。なんにしても治療には非常に長い時間が必要になるので、若い内に矯正しておきたいのなら、専門医に少しでも早く相談する必要があるでしょう。歯列矯正やホワイトニングは便利な治療ですが、実際に歯科に通う頻度や回数は、それぞれのクリニックによっても、また患者さん一人一人の状態によっても変わるので、一概には言えません。口内の状態、例えば虫歯の有無などでも回数や頻度は影響を受けますから、できれば通院を始める前に確認しておきたいですね。この点については、虫歯や歯周病の治療は普通の歯科にかかり、歯科矯正やホワイトニングは、それ専門のクリニックで受けるというのもお勧めです。最近、話題の歯科矯正やホワイトニングですが、クリニックによって価格が大きく変わってくるという特徴があります。患者さんそれぞれの状態に合わせ、適切な治療法を選択されるので、当然、それに基づいて治療費も変動してきます。クリニックごとにも費用の設定が異なっており、気にせずに治療を受け始めたら、費用が膨れ上がる可能性もありますので、よく注意しておかなければなりません。可能なら、歯科を選ぶ時点で必要な期間や費用を聞いておくべきでしょう。ホワイトニングの利用にあたっては、どのクリニックで施術を受けるのがいいか、初めての方にはお悩みもあるかと思います。一つ重要なアドバイスを差し上げます。従来の歯医者さんでも最近はホワイトニングを扱う場合がありますが、歯を美しくするための施術を専門に掲げている審美歯科の方がより頼りになるでしょう。ホワイトニングの扱いに長けていますから、着色の原因から分析して、歯を美しくすることを第一に考えた治療を行ってくれます。また、歯並びを綺麗にする歯列矯正などを受ける際にも、専門性という観点からクリニックを選ぶのがいいですね。芸能人でなくても利用者が増えてきたホワイトニング。その作業は、歯医者さんだけでなく、自宅でも簡単にできます。自分の歯の形に合ったマウスピースを歯科で作ってもらい、あとは一日2時間ほど、薬剤を使って歯を白くしていくだけです。歯科で型取りしたものよりフィット感は劣りますが、市販のマウスピースによるホワイトニングも主流になりつつあります。歯科と比べて安価で行うことができますし、歯に与えるダメージが少ない、色が戻りにくいなどのメリットもあります。歯科矯正などとも合わせて行えば、自然な口元の美しさを実現できます。